Mavic

【神ドローン】Mavic2 ZOOM 撮影レビュー!ズームレンズが便利すぎ!!

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした撮影が可能!

今回は2018年8月に登場した新型Mavic2シリーズ

Mavic2ZOOM

のファーストフライトを解説していきます。

Mavic2ZOOM の製品概要

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした撮影が可能!
製品名 Mavic 2 ZOOM(マービック2ズーム)
価格 162000円(税込)
機体重量 905g
特徴① 2倍ズーム|24~48mm
特徴② ロスレス4倍ズーム
動画 4K30fpsで撮影可能
静止画 1200万画素
センサー 1/2.3インチセンサー
特徴③ 全方向障害物センサー
飛行時間 最大31分
最高時速 72㎞/h
URL https://store.dji.com/jp/product/mavic-2

公式サイト

Mavic2シリーズの『ズーム』タイプがMavic2ZOOMになります。

DJIで今までなかったズーム撮影ができます。

一般的に広角よりのレンズを積載したドローンですが、『48mm』レンズで人の視点に近い撮影ができます。

Mavic2ZOOMの開封〜初期設定方法

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!

Mavic2ZOOMを購入したけど、

  • 充電方法
  • 専用アプリのダウンロード
  • 初期設定方法

など『初期設定』についてわからない方は、こちらの記事にまとめてますのでご覧ください。

Mavic2PROになりますが、基本の設定方法は全く同じになります。

というかDJIのドローンそのものの初期設定は基本そこまで変わらないです笑

【動画】Mavic 2 の初飛行まで動画で解説

 

Mavic2を初めて飛ばす方向けにYouTubeで解説しています。

ドローンの点検項目もわかるので、チェックしてみてください。

『Mavic2ZOOM』ってどんなドローン??

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!

ドローン本体のパーツ解説

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!カメラの形状は異なりますが、基本はMavic2PROと変わりません。

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!

ドローンの裏側にもビジョンシステムや赤外線検知システムなどを搭載しております。

プロポの解説

Mavic 2 PRO実機操縦レビュー!ハッセルブラッドのカメラで最高かよ

スティックの配置などは従来のDJIドローンと変わりありません。

Mavic2ZOOMの場合、従来のドローンと少し異なる部分があります。

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!

プロポの右上のダイヤルでカメラの焦点距離を変更することができます。

Mavic2ZOOMの場合は

『24mm〜48mm』の間で自由にレンズの焦点距離を変更することができます。

これまでのDJIドローンでは24mm・28mmなどの広角レンズが主流でしたので、48mmまで寄って撮影できるのは非常に魅力的です。

後述しますが、この2倍ズームは今までの空撮ドローンの操縦要素に大きく変化が加わる非常に面白い機能です。

今回お借りしたドローンですが、マジでMavic2PROではなくMavic2ZOOMを買えばよかったと後悔したくらいです笑

ドローンのカメラ設定項目について

ドローンのカメラ設定項目について

DJIドローンのカメラ設定については以下の記事にまとめておりますので、ぜひチェックしてみてください。

『Mavic2ZOOM』を飛ばしてみよう!

 

というわけでファーストフライトです。

実際にドローンを飛ばした映像はこちらになります。

あえて積極的に『ズーム』機能を使って空撮してみました。

Mavic2ZOOMを使って感じたことは、とにかく空撮が面白いですね。

本来であればドローンを移動して寄って行かなければならない場面もズーム機能を使うことで倍以上のスピードで特定の被写体に近づけることができます。

これで非常に迫力のある空撮映像を撮影できますね。

48mmの焦点距離は人を主役にした空撮ができる

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!

48mmは人の視野に非常に近い画角になります。

また想像以上に48mmの焦点距離は被写体との距離感を近く感じさせてくれます。

従来の空撮ドローンは広大な景色を広角レンズで壮大に撮影できる最高の道具でした。

このMavic2ZOOMはズームレンズを使うことで、

人を主役にした空撮映像を気軽に撮影できるようになった

と感じます。

これまでもアクティブトラックなどで人や特定の被写体を中心にした撮影はできますが、ここに2倍ズームが加わることで非常に表現の幅が広がったように感じますね。

特に面白いのはこちら

ドローンを前進+ズームアウト

(数秒程度の動画です)

ドローンを前進させながら、カメラは48mmから24mmにズームアウトしていきます。

後述する『ドリーズーム』とは真逆の動きですが、こちらも非常におもしろいです。

ドローンを後進+ズームイン

こちらはアプリ機能を使わずに手動でドリーズームを行いしました。

こちらも動画の合間に挟むと非常に印象的になります。

ひまわり畑で空撮

こちらはひまわり畑でMavic2ZOOMを使って空撮した映像です。

あんまり時間がなかったので、『ティール&オレンジ』のカラーを乗せて適当につなぎ合わせただけの動画です。

カメラにズーム機能が加わるだけで、今までとは違った撮影方法をいろいろと試してみたくなりますね。

【姉妹機】Mavic 2 PRO

DJIドローンMavic2『アクティブトラック』操作方法マニュアル
製品名 Mavic 2 PRO(マービック2プロ)
価格 192,000円(税込)
機体重量 905g
カメラ ハッセルブラッド
動画 4K30fpsで撮影可能
静止画 2000万画素
センサー 1インチセンサー
特徴③ 全方向障害物センサー
飛行時間 最大31分
最高時速 72㎞/h
URL https://store.dji.com/jp/product/mavic-2

公式サイト

ハッセルブラッドのカメラに1インチセンサーのMavic2 PROは高画質な映像を撮影したい場合におすすめです。

クイックショットは7種類

クイックショット6種類
  • ドローニー
  • アステロイド
  • ロケット
  • ブーメラン
  • サークル
  • ヘリックス

MavicAIR・Mavic2PROには6種類のクイックショット機能があります。

これは被写体を決めてタップ一つで簡単に自動操縦自動撮影自動編集してくれる非常に便利な機能です。

『Mavic2ZOOM』では、上記の6ショットに加え、

ドリーズーム

が加わります。

ドリーズーム

こちらはドローン(カメラ)は

被写体から下がっているのに、レンズは被写体にズームしていくという相反する動きを活かした撮影方法です。

被写体を中心にめまいを起こしそうな特殊な印象を与えることができます。

これもズームレンズとかでなくても、映像編集から行うことができますが、タップ一つで手軽に撮影できるのはMavic 2 ZOOMの魅力と言えるでしょう。

またドローンの操縦とズームの調整に慣れれば、クイックショットでなくともドリーズームのように撮影することは可能です。

いずれにしても、空を自由に飛び回れるドローンとズームレンズが合わさった恩恵と言えるでしょう。

ハイパーラプス

こちらはMavic2シリーズから新しく追加された機能です。

ドローンの動きにタイムラプス撮影(一定間隔で写真撮影)を組み合わせて風景をダイナミックに撮影します。

こちらも専用アプリ『DJI GO4』のアプリ内で自動編集までしてくれるので非常に便利です。

ドリーズームとハイパーラプスをタップ1ひとつで撮影編集までしてくれるなんて非常に便利ですね。

映像編集がここまで身近になるなんてすごい時代になりました。

【まとめ】Mavic2PROよりおすすめかも

『Mavic2ZOOM』操縦レビュー!ズームレンズは人を主役にした空撮が可能!
Mavic 2 ZOOMの基本性能
  • 価格:162000円(税込)
  • 機体重量:905g
  • 2倍ズーム可能:24-48mm
  • ロスレス4倍ズーム:デジタルズーム
  • 1200万画素、1/2.3インチセンサー
  • 4K30fps
  • 全方向障害物探知
  • 飛行時間31分
  • 最高時速:72km

公式サイト

というわけで『Mavic2ZOOM』操縦レビューでした。

画質は旧MavicPROと同程度ですが、ズーム機能が加わることで大幅に映像撮影の表現技法が広がりました。

Mavic2PROの方を購入しましたが、実際に両方操縦してみると『Mavic2ZOOM』の方が断然面白いですね。

空撮業務を主に活用していきたい場合はMavic2PROの方がおすすめですが、youtubeなどへの公開を主目的にする映像クリエイターには断然Mavic2ZOOMがおすすめかと思います。

またすでに『仕事で使うための空撮機材は十分に揃ってるよ!』というプロの方にもおすすめです。

その他ズーム機能を活用法については、別記事でまとめておりますので、よかったらチェックしてみてください。