Phantom4

【phantom4Pro初期設定】購入したらアクティベーションを行おう!

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!
【再販】Phantom4ProV2はMavicと比較して何が魅力なのか
製品名 Phantom4Pro V2.0(ファントム4プロ)
価格 207,680円
ディスプレイ一体型:243,320円
機体重量 1375 g
レンズ 24 mm
f/2.8~f/11 オートフォーカス
動画 4K60fpsで撮影可能
静止画 2000万画素
センサー 1インチセンサー
特徴③ 5方向障害物センサー
飛行時間 最大30分
最高時速 Sモード:72 km/h
Aモード:58 km/h
Pモード:50 km/h
最大風圧抵抗 10 m/s
伝送システム OcuSync 2.0
URL https://store.dji.com/jp/product/phantom-4-pro-v2

公式サイト

今回はphantom4Proのアクティベーション(初期設定)方法についてご紹介します。

アクティベーションとは、DJIドローン購入時にそのドローンがあなたのものであることをアプリとドローン本体に認証させる作業のことになります。

そのため、新しくドローンを購入した場合に必ず必要な初期設定になります。

DJI Phantom 4 Pro – アクティベーション方法

以下、写真は上記動画DJI Japan Supportより引用いたしました。

1:はじめに送信機とドローン本体の電源を入れます。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

電源の入れ方は、電源ボタンの2度押しで2度目は2秒以上押し続ける必要があります。

そして電源を入れる順番は、

送信機 ➡︎ ドローン本体

の順番で行いましょう。
(ドローンの電源を先に入れると万が一でも誤作動の可能性がありますので、この手順は習慣にしましょう。)

2:USBケーブルで送信機とモバイルデバイスを接続しましょう。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

3:モバイルデバイスはネット接続できる環境下にしましょう。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

4:DJI GO4アプリを起動させましょう。


起動させると、「アクティベーション」画面が表示されているはずです。

5:「次へ」をタップすると「機体名」をつけることになります。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

好きな名前をつけてあげましょう!
(機体名は後から変更可能です。)

6:スティックモードの設定です。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

推奨はモード2になっております。ドローンレースなど別のタイプのドローンでモード1などを使用しておらず、特にこだわりがなければモード2のままで大丈夫だとおもいます。(こちらも後ほど変更可能です。)

7:単位とビデオ出力方式の選択になります。

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

こちらもこだわりがなければ初期設定のままで大丈夫でしょう。

8:初心者モードの設定

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

はじめてドローンを操縦するときは、この初心者モードの設定をしておくとよいでしょう。

初期設定では、高さ・距離ともに30m以上ドローンを離すことができないため、安全にドローンをフライトさせることができます。

また初心者モードでは、「GPS」が受信できない環境では離陸することができないようになっております。

9:アクティベーションアカウントの確認

phantom4Pro初期設定|購入したらアクティベーションを行おう!

アクティベーションアカウントは一度登録すると変更はできないので注意してください。ドローンの情報はここで登録されたアカウントに紐付けされ、修理やアフターサポートを受けるときに必要になります。

10:起動します。

以上で終了です。

案内に従うとチュートリアル動画なども見れるようになっておりますので、

初心者の方は一度見ておくと良いでしょう。

【徹底レビュー】なぜ『Phantom4Pro V2.0』の再販が望まれていたのか?
【徹底レビュー】なぜ『Phantom4Pro V2.0』の再販が望まれていたのか?なぜ『Phantom4Pro』の再販が望まれていたのか? 昨年、途中から生産が中止になり、『Mavic2 PR...