TELLO

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します!

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します

DJIから200g未満のトイドローン登場!

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

2018年上半期『DJI社』から新型のドローンが発表されました。

それはTelloMavicAIRになります。

ここでは200g未満のトイドローン『Tello(テロー)』の特徴と

どんな人におすすめか解説をしていきます。

DJI『Tello』の製品概要

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します!
価格 12800円
機体重量 80g
飛行時間 13分
映像画質 HD720P
有効画素数 500万画素(ただしスマホにも依存する)
最大伝送距離 100m
手ぶれ補正 電子手ぶれ補正
オススメ度

DJI公式ページ

スペック・価格的にこれからドローンを始めてみたい方でも手にしやすいです。

ただしジンバルではなく『電子手振れ補正』なので、結構揺れます。

ドローン初心者にも扱いやすいモデルですが、体験会などのイベントで非常に重宝します。

『Tello』6つの魅力とは?

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します
おすすめポイント
  1. 価格が1万円台前半で購入できるため、入手しやすい
  2. 機体重量200g未満であるため、飛ばす場所を探しやすい
  3. 飛行の安定性に非常に優れ、『Mambo』よりも優秀
  4.  SNS映えな空撮写真と動画の撮影が可能
  5. ドローンを活用したプログラミング教育にも有効
  6. 3Dプリンターと組み合わせるとさらに遊べる!

まずはTelloの魅力からお伝えします。

箇条書きにするとこんな感じですね。

ドローン初心者だと勘違いをする人も多いかもしれませんが、

「Telloは空撮をするためのドローンではない」ということは理解しておいてください。

これから

  • ドローンを始めてみたい!
  • ゆくは壮大な自然を空撮してみたい!

という方のための『ドローンの操縦練習として最高』のモデルになっております。

DJI Tello公式サイト:https://store.dji.com/jp/category/tello

Tello(テロー)の外観をチェックしよう!

正面図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

真上図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

真横図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

斜め図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

Telloの読み方は『テロー』

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します

Telloと書いて『テロー』と読むみたいです。

『テッロ』と読んでいる人もいます。

まあどっちでもいいと思いますが、今では「テロー」で定着しています。

DJI Tello(テロー)のプロモーション動画

Telloのプロモーションビデオです。

今回はDJI公式じゃなくて、製作した『Ryze Robotics』から動画がでてますね。

『Tello』には『インテル』の技術が搭載されている

Telloは純粋に『DJI社』が開発したドローンではなく、

『インテル』との共同開発により『Ryze社』から開発されております。

『インテル』と言えば、『平昌オリンピック開会式』1218台のドローンをプログラミング飛行させたことで非常に話題になりましたよね。

実際の開封とTelloの取り扱い方はこちら!

実際の開封の儀式とTelloの取り扱い方はこちら!

実際の開封からレビューは別記事でまとめてあります。

気になる方は以下の記事をご覧ください。

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説
Tello(テロー)の説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説DJIトイドローン『Tello』の開封レビュー ドローンの最大手メーカーである『DJI社』から初の200g未満のトイドローン『...

【何が入ってる?】Telloの同梱物

DJIの新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!
セット内容
  • 本体:1機
  • バッテリー:1個
  • プロペラ:8枚
  • ペラガード:1セット

Telloの価格は12800円!いろいろ揃えると2万円弱

本体の価格そのものは『12800円』になります。

バッテリーを追加

元の本体にはバッテリーは一個しかありません。

がっつり遊びたいなら、追加でバッテリーは用意したいところです。

出先でバッテリーが少ないともの足りないですし、

体験会で使用するにはバッテリーの数は必要になります。

必要に応じて買い足しておきましょう

最大の特徴は200g未満で航空法規制対象外!

これまで『DJI』は空撮用ドローンの販売を中心にしてきましたが、ここに来て『200g未満』のトイドローンを出して来ました。

日本でドローンを運用する際は『200g未満』『200g以上』かで『航空法』という法律が適用されるか否かのラインになります。

Telloはカメラジンバルなし?

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

写真の通り、カメラは備えつけられておりますが、ジンバルはありません。

また映像は4Kとまではいきませんがそれなりの画質で撮影できそうです。

ドローン空撮向きの性能ではないので、Telloのカメラはおまけ程度だと思っておきましょう!

あくまで「おもちゃのドローン」であり、室内での「練習用」におすすめです。

飛行時間は「13分」

ホビードローンの飛行時間が13分って今までの中でもかなりの長時間飛行ですね。

色は選べる3種類

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

色は3種類あります。

純正以外にも様々なカバーやラップがあるので、後から変更することも可能です。

Telloの特殊機能|クイックショット

フライトモード①|8D Flips

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

スマホ画面をスワイプすることで、その方向にTelloが宙返りします。

フライトモード②|Throw & Go

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

手のひらからドローンをリリースする『Throw & Go』です。

フライトモード③|Up & Away

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

こちらはタップひとつで、ドローンは後方・上昇しながら自動で撮影してくれるモードになります。

フライトモード④|360

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

ホバリング状態から、その場で360度回転して自動で撮影!

フライトモード⑤|Circle

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

中央にカメラを向けながら大きく円を描きながら撮影を行います。

フライトモード⑥|Bounce

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

高さ30cmから1mくらいの高さマンで上下に運動をします。

専用『プロポ』も用意するとなおよし!

DJI TELLOの高級コントローラーをゲット!オススメポイントと注意点は?

プロポにも複数種類があります。

Telloのためだけのプロポ

スマホゲームとも相性がいいプロポ

価格1万円とちょっと高いですが、普段スマホゲームも遊ぶ方におすすめです。

実際に使ってみましたが、スマホのタッチ操作よりはずっと快適にフライトさせることができます。

DJI TELLO高級コントローラー『GAMEVICE』おすすめポイントと注意点は?
TELLO専用コントローラー『GAMEVICE』おすすめポイントと注意点は? どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。 2018年に発売された『 DJI社』初の20...

iPadでも操縦したい場合

DJI Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

こちらはiPad専用になります。

FPVゴーグル

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

DJIゴーグルとはまた別のゴーグルが登場しております。

こちらも価格など気になるところです。

プログラミングとドローン

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

コンピューターで組んだプログラミングに合わせてドローンの操縦が可能です。

ドローン&プログラミング教室にも使えそうです。

プログミング専用「Tello EDU」

プログラミング教育にぴったり『Tello EDU』通常版との違いは
商品名 Tello EDU
価格 16800円
飛行時間 13分

公式ページ

プログラミング教育に特化した「Tello」も販売されてます。

こちらは「DJI公式サイト」のみで購入可能です。

プログラミング教育にぴったり『Tello EDU』通常版との違いは!?
【完全ガイド】プログラミング教育用『Tello EDU』通常版との違いは!? 今回はDJIから発売している「Tello EDU」の紹介をしていきます。 プログラミング教育に特化したトイドローンです。 ...

DJI telloは最強の自撮りドローン

子供(小学生)のプレゼントにおすすめなトイドローンベスト3と注意点実際に『Tello』で空撮した写真。これならインスタ映えも狙えそう。

この価格でそこそこいい感じで撮影できたら、ある意味自撮りドローンとして最強かもですね。

またFPVも楽しめそうなので、自宅内で『tinywhoop』のようにドローンレースが楽しめそうですね。

DJI Tello公式サイト:https://store.dji.com/jp/category/tello

Telloを屋外で空撮してみた

子供(小学生)のプレゼントにおすすめなトイドローンベスト3と注意点

風速2m程度でしたが、想像以上に安定してフライトしてくれました。

トイドローンの中ではトップクラスの安定感ですね。

空撮映像若干微妙な模様

 

風速2mくらいでしたが、撮影できた映像に関しては正直ガッタガタでした。

無風状態や室内ならもう少しマシな映像を撮影できるかもしれません。

DJIトイドローン『Tello』で空撮!映像や写真は使えるのか検証してみた!
DJIトイドローン『Tello』で撮影した空撮映像や写真は使えるのか検証してみたDJIのトイドローン『Tello』で空撮してみました! 前回の『開封〜初期設定』に引き続き、今回も『Tello』のご紹介です。...

3Dプリンターでパーツ製作

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

3Dプリンターで製作したオリジナルパーツで遊んでみました。

結構遊べますよ!

DJIドローンTelloの3つの弱点を『3Dプリンター』製作パーツで克服する
【魔改造】DJIドローンTelloの3つの弱点を『3Dプリンター』製作パーツで克服するDJI『Tello』3つの弱点! 空撮映像の乱れを改善するために・・・ ドローン入門者にとって、非常に定評の高いDJI社のト...

まとめ

おすすめポイント
  1. 価格が1万円台前半で購入できるため、入手しやすい
  2. 機体重量200g未満であるため、飛ばす場所を探しやすい
  3. 飛行の安定性に非常に優れ、『Mambo』よりも優秀
  4.  SNS映えな空撮写真と動画の撮影が可能
  5. ドローンを活用したプログラミング教育にも有効
  6. 3Dプリンターと組み合わせるとさらに遊べる!
価格 12800円
機体重量 80g
飛行時間 13分
映像画質 HD720P
有効画素数 500万画素(ただしスマホにも依存する)
最大伝送距離 100m
手ぶれ補正 電子手ぶれ補正
オススメ度

DJI公式ページ

というわけでDJI初のトイドローンTelloの紹介でした。

200g未満のトイドローンの中ではピカイチの安定感とそこそこいい感じの空撮写真を撮影できることなどから、かなりおすすめなドローンになります。

子供向け体験会などでも重宝しますので、ぜひチェックしてみてください。