Mavic

【Mavic 2】PolarProのドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

【Mavic 2】PolarProのドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!
【Mavic Miniの使い方】マビックミニの初期設定~初飛行までを丁寧に解説

いろんなドローンの映像を見ていると、かっこいいな〜と思う映像で多いのが海外の動画です。

以前から、海外風のドローンの空撮映像に憧れがあったのですが、今回はそんな望みを叶えてくれるとあるアイテムをゲットしました。

POLARPROのオリジナルLUT

を購入しましたので、早速使ってみました

Elektra – Cinematic Color Presets | Mavic 2 Pro Edition

PolarProでMavicPRO2 ドローン専用『LUT』で簡単に映画調になるぞ!
  • SKU:ELEKTRA_M2P
  • 12の映画用カラープリセット(LUT)
  • Mavic 2 Pro専用
  • Mavic 2 Proの『10ビットDlog-M』向けのLUT
  • 様々な映像編集ソフトに対応

実際に空撮した映像

PolarPro

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

HP:https://www.polarprofilters.com/

もろ海外製で、今のところ日本国内に代理店などなさそうです。

『PolarPro』はNDフィルターで有名な会社です。

すでに持っている方もいるのではないでしょうか?

NDフィルターなどをメインに扱っており、もともとDJI純正のNDフィルターよりもいろいろな種類を作っていたため、それを購入しようとしたら『LUT』も売っていたので、購入した次第です。

他にもMavicPRO2専用の『NDフィルター』も購入しましたが、そちらはアメリカから配送中なので、到着にはしばらく時間がかかりそうです。

本来ならNDフィルターを装着して撮影した上に編集段階で『LUT』を当ててあげるともっといい感じになるかもしれませんが、それはひとまず置いておきましょう。

というわけで早速使ってみました。

『ND32』で琵琶湖の絶景を空撮

実際にND32を使って、琵琶湖を撮影してみました。

まるで海外のような美しい絶景になります。

使用ドローン|Mavic 2 PRO

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!
Mavic 2 PRO
  • 価格単品:189000円(税込)
  • 機体重量:約905g
  • 最高時速:72km
  • 飛行時間:31分
  • カメラセンサー:1インチセンサー
  • カメラ:ハッセルブラッド
  • レンズ:28mm
  • 全方向障害物センサー
  • 映像画質①:4K30fps
  • 映像画質②:1080p/120fps
  • 画質:2000万画素
  • F2.8 – F11
  • 10-bit Dlog-M カラープロファイル
  • アクティブトラック2

先にドローンの簡単な紹介から!

2018年後半に発売し、神ドローン『MavicPRO』の進化バージョンです。

小型で持ち運びやすい大きさでありながら、『Phantom4Pro』並みの撮影性能を誇る素晴らしいドローンです。

今ドローンを購入するなら、間違いなく購入候補に入れるべきです。

https://drone-aerial-corps.com/2018/08/23/mavic2pro/

Mavic2PROで『LOG撮影』してみよう!

H265方式にする

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

Mavic2PROでLOG撮影するには、映像方式を『H265』にする必要があります。

ここが少し厄介なのですが、『H265』の方がファイルサイズが同じ画質でも小さくできます。

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

DLOG-Mに設定

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

そこから『カラー』で『DLOG-M』に設定します。

これで撮影準備完了です。

DLOG-Mの注意点

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

ここで先にお伝えしておきますが、『H265方式』で撮影した映像をそのまま『Final Cut Pro X』に取り込もうとするとうまく読み込むことができません。

MacのQuickTimeでも映像が見れない

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

というような形で、せっかく撮影した映像の確認や処理ができません。

『H265』はファイルサイズが小さくなるので、今後主流になっていくと予想されますが、まだ対応している映像編集ソフトが少ないのも事実です。

ファイル変換ソフトでH264にしている

PolarProでMavic 2 PRO ドローン専用『LUT』で簡単に映画調動画になるぞ!

じゃあ私はどうやって編集や見れるようにしているかというと『ファイル変換ソフト』を使って

『H265』→『H264』に変換しています。

私自身、ファイル変換ソフトは『スーパーメディア変換!』を使っております。

正直、『H265』のおかげでこの一手間が必要になるのは面倒なので、Final Cut Pro Xなどもっとうまく読み込めると助かるのですが、もっと便利な方法を知っている方がいれば教えて欲しいです。

https://drone-aerial-corps.com/2018/07/20/supermedia/

M-LOG撮影そのまま

まずは『DLOG-M』で撮影し、特にカラグレすることもなく、そのまま公開した映像です。

『LOG撮影』は写真撮影でいう『RAW』のような状態なので、初期段階ではのっぺりとした印象ですね。

ではここから今回購入したLUTを各種当てていきます。

LOG撮影

PolarProでMavicPRO2 ドローン専用『LUT』で簡単に映画調になるぞ!

LUT クラシック MavicPRO2

 

LUT DEEP MavicPRO2

 

LUT Elektra MavicPRO2

 

LUT Knight MavicPRO2

 

LUT Morpheus MavicPRO2

 

LUT PURITY MavicPRO2

まとめ

実際に使ってみましたが、個人的に非常に気に入りました。

海外の動画クリエイターは

  • LOG撮影
  • LUT
  • 細かい色調補正

の手順で映像編集している方が多いです。

一手間加えることで見せたい映像の雰囲気もだいぶ変わってきますので、いろいろ試していきたいですね。

NDフィルターも届き次第、レポしますので、よろしくお願いします。